費用について

家庭裁判所への申し立て

実費

約2万円

報酬

10,8000円~

戸籍等の各種書類の取寄代行および家庭裁判所での申立後の面談(即日事情聴取日)の同席を含んでおります。ご親族の方が直接後見人になるのは、労力やリスクからしてあまりお勧めいたしませんが、成年後見を申し立てる書類のみの作成も承っております。

後見人就任後

実費

その都度精算

報酬

月2万円~

後見人として、日々の活動に必要な実費はその都度精算となります。具体的には、交通費、住民票等の取寄せの費用がかかることが多いです。後見人として活動したことに対する報酬は裁判所が決めるため、いくらになるかはその時にならないと分かりません。